カナダは東海岸,NBのFrederictonに留学中のMiyuの日記。日々の出来事、カナダ・留学について。


by chassy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

No Sex, No War?

昨日、STUの劇を観にいってきた。
題名はLYSISTRATA。ギリシャの喜劇。

舞台はモチロンギリシャ。そしてペロポネソス戦争の真っ只中。
男達の続ける戦争にうんざりしていたLysistrataは
ある日女たちを集めて
“戦争を止め和平締結するまで男と一切Sexをしない”
・・・という誓いを立てる。いわばセックスストライキ。
街を占拠する女たち。
男の方は禁欲に我慢出来ず
また女のほうも一部、男恋しさに脱走を企てたり。。。

・・・みたいなのが簡単なあらすじ。

先に観た友達の感想は
ただ“下ネタいっぱいで楽しいよ”ってだけ聞いてて
あらすじやなんかについては全然だったんだけど
本当に面白かった!!!
最初Lysistrataがストライキの案を出した時に
“いや②!!”とか泣き崩れる女の子のシーン。
性欲に耐えられなくなって奥さんを迎えに来た男と奥さんのやりとり。
もうすぅーっごい笑った!!!
前半は聞き取れなかった部分も多くて
また②英語下手になっちゃったかと思ったけど
カナダ人でも聞けなかった・・・とのコトなのでとりあえずホッ(?)笑
でも後半半分はわかりやすかったです!

下ネタ度に関しては、想像以上でした。笑
まずパンフからちょっとキてたし(?)
あれをセリフ・衣装・演出全て夕べのと同じにして日本の大学でやったら
なんらかの処分が下ってしまうのではないか
・・・ってのが日本人の友達との共通の見解。笑
前回でもカナダ人の性へのオープンさを書いたばかりだけど
今回の劇も正にそれを象徴したようなカンジ。
観客も繰り出される様々な下ネタに大うけ。
しかも割と男女同数くらい集まっていたのに
女の人の笑い声のが断然大きかったのが私には印象的でした。笑
まぁ、あまりにも露骨なトコとか隣の席の奥さんは顔しかめていたけれど・・


話を下ネタ度から真面目な方に戻しましょう。
帰ってきてからこのLYSISTRATAについてネットで調べてみたんだけど
この劇、イラク戦争の反戦劇として世界中で朗読・公演されているみたい。
劇中の“戦争に向かう男たち”を
ブッシュ大統領やブレア首相に見立てて皮肉ったりね。
おまけにデンマークのLYSISTRATA Projectって団体の人は
実際に現代の女性に対して
好戦的なダンナ様とのSexを避けるように提唱してたりする。笑


その昔、ギリシャでペロポネソス戦争に反対しこの劇を書いたアリストパネス。
2414年たった現在でもこの劇が反戦運動の1つとして使われているなんて
いつの世も平和を願う人の心って一緒なんだなー。なんて思ってみたり。
・・・にしても戦争をやめさせる為にセックス・ストライキなんて面白い発想だよね!!


恋人に、奥さんに
“戦争やめない限り夜は別々に寝るわ”なーんて言われたら
争うことをやめてくれますか?男性諸君?
(まぁ私の周りの男の子は血の気の多い子もと②いませんけど・・・)
[PR]
by chassy | 2006-01-21 03:11 | Life