カナダは東海岸,NBのFrederictonに留学中のMiyuの日記。日々の出来事、カナダ・留学について。


by chassy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Juvenile justiceが熱いInter2日目☆

Inter session2日目~☆
・・・にしてCrimがおもしろい!!!!
いや、まわりに男の子がいるからとかじゃなくてですね。
やってる内容が楽しいの。授業が楽しい。

まず昨日ビデオで観たのは78年に放送された
Scared Straightっていう更正プログラムのドキュメンタリー。
プログラムの参加者は
盗みを働く事に全く罪悪感を感じてない非行少年少女たち。
このプログラムでは彼らを刑務所に連れて行って
重罪を犯した犯罪者達と対面させて
"reality"を見せ更正させることが目的なんだけど
参加前は“プロの泥棒になるんだ”とかなんとかいっちゃって
ホンモノの犯罪者達にナマで会えることにexcitedすらしてる様子。
でも囚人達に会うと事態は一変。
体格の良い、見るからに怖そ~で凶暴そ~な囚人が
本気で怒鳴って説教するんだから。
彼らは強盗やら殺人やらで捕まって
25年の服役や終身刑を言い渡されたホンモノの極悪人。
そんな彼らが刑務所がいかに恐ろしいのか、
自分が少年時代に更正していればこんな事にはならなかった
・・・みたいなことを切実に語るのだ。
ただ語るってか・・・カナリ脅しが入ってて
FワードSワード、その他聞き取れないくらいのSwearingが飛び交って
少年達をにらんでイジって普段はワルガキな彼らもみんな涙目。
観てるこっちもすっごいこわかった。。。。。。
このドキュメンタリーはアカデミー賞もとったらしいデス。

その後このプログラムの参加者の20年後を追ったドキュメンタリーも観たんだけど
プログラム参加後、少年少女の8割が更正したんだとか。。。

でもその後のScared Straightプログラムの比較研究で
プログラムにはあまり更正効果はない。。。むしろプログラム参加者の方が
参加してない少年達より再犯率が高いって結果が出たんだけどね。

とにかく囚人たちが子供にSwearing満載で怒鳴りまくってるのが
とーっても衝撃なドキュメントです。

・・・と前置きが長くなっちゃったけど
授業ではこのプログラムについてのDiscussionをしたり
昔のカナダの少年法について勉強したのです。
すーっごい面白かった!!!
前は少年犯罪とかあまり興味ない分野だったけど
Introのリサペも結局少年犯罪ネタだったし
今結構私の中で熱いトピックなのかも。。。??

Group projectのテーマも決定しました!!
ウチのグループのテーマは
“高校でのsexual harassmentとその防止法は?”・・・みたいなカンジ。
これはホントは第2希望で
第1希望は国連の子供の権利条約関係だったんだけど
私的にはセクハラのがUN系より興味あるからラッキー☆笑。

Groupのメンバーとも順調に交流しております。
今日は休み時間中ずっとBと話してたんだけど
彼は私と同じ学年でFreddy出身。
U-13のフットボールチームのコーチをボランティアでやってるらしい(←これポイント高いね
途中からBBQとか食べ物の話になって(←もう既にうろ覚え・・・)
なんかのお菓子の話になった。
グミ系なんだけど聞いたことも食べたこともないお菓子で
それを彼に伝えたら
“じゃあウチにいっぱいあるから明日持ってきてあげるよ!”と。
お、こいつ良いヤツじゃん♪(オカシクレルヒトミンナイイヒト。笑)と思ったら次の瞬間
“あ、じゃあ忘れないようにノートにかいとこっ”
っつってノートの上に

Bring ○○!!(○○はお菓子名だけど忘れた・・・
と走り書きをしてその下にピッピッとアンダーライン。
そのセリフ&仕草がツボでしたね。笑。
おかげで今日は1日ご機嫌♪笑


ってかこんな些細なことでツボってしまう私って・・・・・・・・笑
まぁそんなこんなで楽しいCrimの授業です。
2時間半もアッという間~♪
[PR]
by chassy | 2006-05-02 12:32 | Life